映画・ドラマ・テレビ

24時間ランナー2019の4人は誰? 残りのランナー発表はいつか調査!

Pocket

2019年の24時間テレビは8月24日、25日に放送されます。注目されるのはチャリティマラソンのランナーだと思います。2019年の24時間テレビのランナーは4人で駅伝方式で行うと発表もありました。2019年の24時間マラソンのランナー4人の発表はいつになるのでしょうか。今回はランナー4人の予想や発表日をまとめてみました。またランナーの選ばれ方や過去のランナーも一緒にまとめてみました。

24時間ランナー2019の4人は誰?

引用:https://www.sponichi.co.jp

2019年24時間マラソンのランナーは4人であることが発表されました。4人のうちの2人は2019年7月に「世界の果てまでイッテQ」で放送され公表されましたね。

2019年24時間マラソンのランナーは、いとうあさこさんとガンバレルーヤのよしこさんです。

昨年の安全MANZAIのみやぞんさんに続き今年も「世界の果てまでイッテQ」のメンバーから選ばれました。

いとうあさこさんは内村光良さんから24時間マラソンのランナーに選ばれたことを聞いたとき「何を言っているのかまったく意味が分からなかった(笑)未知のことすぎて「怖い」でも、「がんばろう」でもなく、ただただ「?」だった。」とコメントしていました。

ガンバレルーヤのよしこさんは内村光良さんに「ランナーやりますか?」と聞かれた時に「やります!」と戸惑うことなく返事をしたそうです。よしこさんは以前32.195㎞の「寛平マラソン」に参加したことがあるそうです。長距離マラソンを経験していて、その辛さや大変さを知っている上で即答したよしこさんは凄いですね。

24時間ランナー2019残りのランナー発表はいつ?

引用:https://setsuhaji.com

24時間マラソンのランナーがいとうあさこさんとガンバレルーヤのよしこさんであることが分かりました。残りの2人の発表ですが、いつあるのか分かっていません。残りの2人は随時公開していくそうです。もうすでに練習が始まっているとは思いますが、目撃情報等もないため誰なのかは分かっていません。

今後も「世界の果てまでイッテQ」では練習の風景やインタビュー映像も続々と放送されると思います。その中で残りの2人も発表されていくのではないでしょうか。毎週見逃すことなく「世界の果てまでイッテQ」の放送を見たいですね。

24時間テレビが8月24日・25日にあるので、その前には必ず発表があると思います。24時間テレビまでに日曜は8月11日と8月18日の2回です。このどちらかで発表されるのではないでしょうか。2019年24時間マラソンランナーの残り2人が誰なのか本当に気になりますね。続報を楽しみに待ちたいです。

24時間ランナー2019残りのランナーを予想!

引用:https://www.news-postseven.com

24時間ランナーの後2人は誰なのか予想していきたいと思います。残りの2人もイッテQのメンバーである可能性が高いです。いとうあさこさんとガンバレルーヤのよしこさんは2人の事を「一人太ってない?」「確かに心強いです」とコメントしていました。よしこさんの「一人太ってない?」に対し、内村光良さんは「お前が一番太っている」とも言っていました。

この事を踏まえ予想するとおかずクラブのゆいPさん、木村佳乃さんの可能性もありそうですね。おかずクラブのゆいPさんとガンバレルーヤのよしこさんを比べるとよしこさんの方が痩せているので、宮川大輔さんの可能性もあると思います。男性が一人いることで安心感も出てきますね。また、ガンバレルーヤのまひるさんも一緒にコンビで走る可能性もありますね。残りの2人が一体誰なのか、予想は当たっているのか気になります。

24時間ランナー2019のコースや距離はどうなる?

24時間マラソンの距離ですが、ランナーによっても変わってきます。昨年のみやぞんさんはマラソンだけでなく、水泳と自転車のトライアスロンでしたね。2019年の24時間マラソンは4人でタスキをつなぎながら、フルマラソンを走る駅伝方式です。

1人が42.195㎞を走り、4人で168.78㎞走りきるみたいです。一人ひとりが皆の気持ちを一緒に抱きながら走るフルマラソンは、本当に大変だと思いますが全員無事に完走してほしいですね。

24時間ランナー歴代は?

引用:https://hgrmtl.com

1992年にマラソンが得意な間寛平さんがランナーに選ばれたことから始まり、今年で29回目になります。

歴代のランナーと距離をまとめてみました。

1992年 間寛平(153km)
1993年 間寛平(200km)
1994年 ダチョウ俱楽部(100km)
1995年 間寛平(600km)
1996年 赤井英和(100km)
1997年 元TOKIO山口達也(100㎞)
1998年 V6森田剛(100㎞)
1999年 にしきのあきら(110km)
2000年 トミーズ雅(150km)
2001年 研ナオコ(85km)
2002年 西村知美(100km)
2003年 山田花子(110㎞)
2004年 杉田かおる(100㎞)
2005年 丸山和也(100㎞)
2006年 アンガールズ(100㎞)
2007年 萩本欽一(70km
2008年 エド・はるみ(113km)
2009年 イモトアヤコ(126.585km)
2010年 はるな愛(85km)
2011年 徳光和夫(63㎞)
2012年 佐々木健介・北斗晶ファミリー(合計120km)
2013年 大島美幸(88km)
2014年 城島茂(101km)
2015年 DAIGO(100km)
2016年 林家たい平(100.5km)
2017年 ブルゾンちえみ(90km)
2018年 みやぞん(161.55㎞)

1995年には阪神・淡路大震災がありました。その年のランナーは間寛平さんです。復興の気持ちを込めながら神戸から東京まで1週間で走ったそうです。ランナーによっても距離が異なってくるのですが、女性で126.585kmを完走したイモトアヤコさんは本当にすごいですね。

毎年様々な感動と勇気を与えてくれる24時間マラソンですが、今年はどんな物語になるのか非常に楽しみです。

嵐の24時間テレビドラマ出演の歴代はコチラ!
⇒24時間テレビドラマ出演の嵐の歴代は?過去の視聴率を調査!


24時間ランナー2019に選ばれる条件とは?

24時間マラソンのランナーに選ばれる条件はなんでしょうか。また、本当に条件があるのかも気になりますね。

過去のランナーを参考に考えると、日本テレビの番組の出演している人が多い気がします。また、日本テレビの番組の出演していることも踏まえ、日本テレビに貢献している人、親密な人が選ばれています。

他にも、ランナー自身の好感度や知名度も重要です。知名度も一定の人ではなく、老若男女に知れ渡っている人の方が選ばれている感じがしますね。練習の期間があるとはいえ、体力的に問題がない人が選ばれています。しかし、過去のランナーを見ると性別も年齢も様々なので誰でもランナーになれる可能性があるもの事実だと思います。来年以降のランナーが誰に選ばれるのか楽しみですね。


24時間ランナー2019にネットの反応は?

24時間ランナーが発表される前は「24時間テレビのチャリティーランナー嵐全員でたすきリレーどうかな?」や「24時間テレビのマラソンランナー田中圭くんにオファーありそうだよね」等ランナーを予測する声も多かったです。

4人のうち2人が発表された後は「バービーさんかな?」や「チョコプラの可能性もあるかも」「大久保佳代子さんだったら、いとうあさこさんも心強い」と残りの2人の予想をする声が多かったです。夏の終わりの恒例ともなっている24時間マラソンですが、視聴者の関心度も高いのが分かりますね。

24時間ランナー2019の4人は誰?残りのランナー発表はいつか調査!まとめ

以上が2019年の24時間ランナーの情報になります。いとうあさこさん、よしこさんである事が分かり、びっくりした人も多いと思います。残りの2人が誰になるのか気になりますが、4人で無事に完走してほしいですね。24時間テレビの放送が本当に楽しみです。