女性タレント・女優

有安杏果「ぼっち」話し合いの内容は?医師の画像が衝撃的!

Pocket

有安杏果さんは元ももクロのメンバーですが、ぼっちの為話し合いがもたれました。有安杏果さんは医師に洗脳されてるという噂があるようです。有安杏果さんと交際している医師の画像が気になります。今回は、有安杏果さんのぼっちの話し合いの内容、医師の画像も調べてみました!

有安杏果の加入してたももクロとは?

引用:http://xn--q9jb1h748y.com

ではまず、有安杏果さんがかつて加入していた、「ももクロ」こと「ももいろクローバーZ」について確認しておきましょう。「ももいろクローバーZ」は、2008年5月17日に「ももいろクローバー」として結成。2011年4月11日に現在の「ももいろクローバーZ」に改名し、現在に至っています。

現在のメンバーは、

  • 百田夏菜子さん
  • 玉井詩織さん
  • 佐々木彩夏さん
  • 高城れにさん

この4人です。2014年には、女性グループとして初めて国立競技場でライブを行い、2日間で11万人を動員しました。NHK紅白歌合戦にも複数回出場し、国民的な人気も得ています。

また、女優としても活動し、グループで主演した映画『幕が上がる』で第39回日本アカデミー賞話題賞などを受賞しています。ファンの人々は「モノノフ」と呼ばれ、芸能界にも、”ももクロのファン”であることを公言する人がたくさんいます。

2011年4月10日までは、現在、女優として活躍する早見あかりさんが所属していました。また、2018年1月21日までは、今回取り上げる、有安杏果さんが所属していました。そんな、国民的アイドルグループ「ももクロ」の中で、かつて有安杏果さんが孤立していて、そのためにグループを脱退したのではと言われています。実際は、どうだったのでしょうか。

有安杏果のぼっちのももクロ写真は?孤立してる?

引用:https://aikru.com

有安杏果さん、実は小学生のころからキッズタレント・ダンサーとして活躍をしてきました。また、「ももクロ」に加入したのが最も後であったということもあり、メンバーとは少し距離を置くような態度を取っていたというのも事実のようです。

小さいころからダンサーとして活躍してきたという経歴も、「オン」と「オフ」を切り替えるという資質を生んだようで、「オフのときまで、メンバーと仲良くするのは…」という意識もあったようです。ほかのメンバーが自由奔放で明るい性格であるということと、有安杏果さんが落ち着いた性格であるということも「孤立感」を生んだ原因のひとつといえるでしょう。

バラエティ番組での様子やSNSに投稿される写真などを見ても、ほかのメンバーとすこし距離を置いていることがわかると、ファンの間でも言われていました。有安杏果さん自身も、

「私からすると、(ほかのメンバーたちが)別世界に見えたんですよ。みんなオンもオフもないじゃないですか?楽屋でキャッキャッ騒いだまま、ステージに向かっていく、みたいな。それを見て『あっ、私はこのノリは苦手かも』って、決めつけちゃったんですよね、最初に。だったら、楽屋では一歩、引いておこうって」

このように語っています。いろんなメンバーがいてのグループなので、有安杏果さんのような存在は、ちょっと一歩引いて、グループのことを冷静に見て、よくない方向に向かっていることに気づいてくれたり、よりよい方向に向かうにはどうすればいいかを提案してくれたりするメンバーとして貴重な存在だとも思います。

有安杏果のぼっちについて話し合いの内容は?

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

実は2012年の鳥取県米子市で行われたライブの後、グループのなかで有安杏果さんが孤立していることについて話し合いがもたれました。有安杏果さんが孤立した状態のままではよりよいパフォーマンスが行えないということで、ライブの後、メンバーたちで長時間にわたって互いの思いをぶつけ合ったといいます。

この話し合いがきっかけでメンバー同士の理解が深まり、有安杏果さんも自分のペースではありますが、メンバーの輪の中に溶け込んでいくようになったといいます。この出来事は、ファンの中でも語り草となり「米子の夜」と呼ばれるようになったといいます。グループにとってこの夜のことはプラスに働いたと思われます。

一方で有安杏果さんは、ソロコンサートを行ったり、グループでの活動と並行して日本大学の藝術学部写真科に通い、一度も単位を落とすことなく卒業したりとグループ以外の活動も充実させていくことになります。

有安杏果がももクロを引退した本当の理由は?

引用:http://mickymagicabc.hateblo.jp

結局、2018年1月15日、その月の21日のライブを最後にグループを卒業することを自身のブログで発表することになります。卒業の理由としては、子どものころから芸能活動をずっと続けてきたので、一旦、その活動から離れてみたくなったとしています。普通の日常生活を送る中で、普通の女性としての教養や知識を身につけたいとも語っていました。メンバーには感謝の言葉しかないとも語っています。

ことの経緯を知るファンの中には、「グループ内での孤立が原因なのでは」と推測する声もありましたが、グループ内でのわだかまりは、「米子の夜」で解消されているという声もあり、大学を卒業して、その中で芸能界以外の人たちとも交流があり、芸能界以外の世界でも過ごしてみたいという思いが募った結果の「卒業」ではないかと言われています。

いろいろあったことは間違いありませんが、彼女が「ももクロ」として活動した8年間は彼女にとってもメンバーにとっても、またファンにとってもかけがえのないものであったというのも間違いのない事実だったと思います。

有安杏果の交際相手の経歴とプロフィールは?

引用:https://entamescramble.com

そんな有安杏果さんですが、現在結婚を前提にした男性と交際中とのこと。いったい、お相手はどんな男性なのでしょうか。お名前は、「児島直樹(こじま なおき)」さん。1970年生まれの48歳です。大阪出身の方とのこと。東京医科大学を卒業され、病院勤務ののち、現在は開業されているお医者様です。有安杏果さんが現在、24歳ということですので、年齢的には倍くらいの違いがあります。

ファンの中には「本当に幸せになれるの?」「本当に結婚前提なの?」と有安杏果さんの行く末を心配する方もいます。また、お相手が心療内科医の先生であるということからも、彼女が「洗脳」されているのではと心配する声まであがっています。


有安杏果は洗脳されてるの?医師の画像は?

引用:https://romeci.net

お相手の男性と有安杏果さんが一緒に歩いている写真があります。たしかに、お相手が48歳ということもあり、年齢差を感じさせるツーショット写真ではあります。また、職業が心療内科医ということもあり、「医師が患者に手を出すなんて!」「早く洗脳から目覚めて!」と、素直に有安杏果さんを応援できないという声もあがっています。

もちろん、彼女が「洗脳」されているという確たる証拠があるわけでもなく、この男性が悪意をもって彼女を洗脳してだましているという事実が明らかになったということもありません。彼女がつらいときに彼の診察を受け、親身になってもらっているうちに恋愛に発展したということも考えられますし、もともと落ち着いた性格だった有安杏果さんが年上の男性にひかれたというのも不思議なことではありません。

いずれにしても、彼女が望んだ「普通の女性」としての幸せをつかむことができるなら、ファンとしても喜ばしいことではないかと思います。ぜひ、幸せな報告が聞けるように祈りたいと思います。

有安杏果のインスタは誰が撮影してるのか詳しくはコチラから!
⇒有安杏果のインスタは誰が撮影してる?アプリコットと社長の関係を調査!


有安杏果のプロフィール

引用:https://instagrammernews.com

ではここで、改めて有安杏果さんのプロフィールを確認しておきましょう。

名前:有安杏果(ありやす ももか)
出身地:埼玉県富士見市(生まれたのは京都府)
生年月日:1995年3月15日
年齢:24歳
身長:148cm
血液型:A型
ももクロ内でのイメージカラー:緑色
ももクロ内での担当:ボーカル・ドラム・ギター
学歴:日本大学藝術学部写真学科

2019年1月にはSNSで「音楽や写真での活動を始めます」と報告しており、個人事務所を設立して自分に合ったペースで活動するつもりであることを発表しています。3月には復帰後初めてとなるライブも開催しており、今後の活動が楽しみなところです。

有安杏果「ぼっち」話し合いの内容は?医師の画像が衝撃的!まとめ

有安杏果さんは、2018年に「ももいろクローバーZ」を卒業し、その後しばらく休業されていました。卒業の原因は、グループ内での孤立ともいわれましたが、孤立についてはメンバー内ですでに解決しており、彼女が「普通の女性」としての生活を望んだことではないかと思われます。現在、結婚を前提にしたお付き合いをされており、お相手が48歳とかなり年上であるということと職業が心療内科医であるということから、有安杏果さんが「洗脳」されているのではといううわさもありますが、今は幸せな報告が聞けることを祈りつつ、今後の彼女の活動を見守りたいと思います。