スポーツ

玉鷲の姉は東大卒の秀才?クッキーが嫁よりうまい画像をチェック!

Pocket

モンゴル出身で大相撲で活躍中の玉鷲(たまわし)関ご存知でしょうか?玉鷲の姉はどんな方?玉鷲がクッキー?片男波部屋所属で2年間は十両陥落もほぼ無くなり幕内に定着してきた力士!今後も期待していきたいですね!玉鷲の姉と玉鷲がクッキー!?について調査してみました!さっそく見ていきましょう!

玉鷲の姉は東大卒の秀才?

引用:http://osumou-rikishi.com

大相撲で大活躍されている玉鷲関!なにやら調べているとお姉さんもかなりの経歴の持ち主のようです。実は玉鷲関より先にお姉さんの方が先に日本へ留学で来日されたそうです。そして留学先はなんと日本トップクラスの大学で、ノーベル賞受賞者が11名もいる東京大学!

東大の大学院に入学するなんて、留学とはいえ言葉、文化の壁などある中ですごいですよね。相当な努力をされたんでしょうね。モンゴルの大統領府高官を務め、地球温暖化などに対する研究のプロジェクトなどに関わっていたそうです。とてもすごい方ですよね!

玉鷲関が相撲に出会ったのもお姉さんに会いに来日した際に、モンゴル力士の活躍を日本で見ていたお姉さんが体の大きかった玉鷲関に勧め、玉鷲関自身も感銘を受けて相撲の道へ進んだそうです!相撲に目覚めるきっかけを作ってくれたお姉さんは、とても努力家でエリートなようです!!

玉鷲の嫁はどんな人?

引用:http://osumou-rikishi.com

2004年の1月場所が初土俵で2008年9月に初入幕を果たし、これまでに十両優勝1回、幕下優勝1回、技能賞1回獲得しています。2019年大相撲初場所では13勝(優勝、殊勲賞、敢闘賞)!30歳を過ぎてから実力が開花した珍しい力士と言われている玉鷲関には、かなり美人な奥様がいらっしゃるそうです!

2012年に結婚して結婚後、しばらくは結婚を明かしていなかったそうですが、2014年6月14日、鶴竜横綱昇進披露宴で結婚していることを発表されたそうです。玉鷲の奥さんは中川部屋所属でモンゴル人力士の旭蒼天の実の姉なんだそうです。ですので旭蒼天関とのつながりで知り合った可能性が高そうですね。

玉鷲の奥さんの名前はエルデネビレグさんです。モンゴル人で年齢は玉鷲関よりも1歳年下とのことです。職業は元モデルとのことです。元モデルとは綺麗なはずです!(笑)玉鷲関が奥様にベタ惚れの様で、毎日熱いキスをかわしているそうです!玉鷲関の調子がいいのは奥様のおかげかも!?(笑)奥様を大事にする人柄なども人気の要因の一つかもしれないですね!

玉鷲に子供はいる?

引用:https://www.asahi.com

そんな奥様とラブラブな玉鷲関ですが、2016年3月に息子さん(ご長男)が誕生しているようです。名前をテルムンくんというそうです。2019年1月27日に第2子が誕生されたそうです!しかもこの日はなんと・・・玉鷲関の初優勝の日!!もうドラマみたいな展開です!(笑)

遅咲きながらも初優勝!さらには美人な奥様、子供たちに囲まれ幸せいっぱいな玉鷲関!これが初優勝の原動力となったのではないでしょうか!取り組みが終わり、家に帰ってやっと落ち着けるとの事。家に帰ったら力士ではなく「お父さん」取材などでも家族の話になると笑みを浮かべるようで、とてもいいお父さんなんですね!

そして第二子の誕生は1月27日の午前4時頃、玉鷲は午前2時頃に一度病院を訪れましたが、妻から「私は大丈夫、私より相撲に集中して、少しでも寝て」と言われ、一旦自宅に帰り、再び午前6時頃病院へ駆けつけ、数秒ほど会えて、妻と子供の顔を見れたとの事。

そんな中迎えた千秋楽だったので、ほとんど寝ずでの取組となったのですが、次男誕生のの喜びは大きく、より相撲に集中して臨むことができたそうです。次男の名前はエレムン君と名付けられました!これは、モンゴル語で「力と心の強さ」を意味するものなのだそうです。

家族が初優勝の原動力となる!やはり愛の力は絶大です。羨ましい・・・(笑)

玉鷲の趣味が女子力高すぎてヤバい!

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

そんな家族愛の強い玉鷲関ですが、趣味の女子力が高すぎるのが話題になっております!趣味が「手芸とお菓子作り」なのだそう!なにかを買うよりも自分で作るのが好きなんだそうです。あの力強い取り組みからは想像できませんよね!

また趣味とはいえ、プロ顔負けのかなりの本格派で、手作りの小物やお菓子、ワッペン付き世界地図の壁掛けなど、たくさんの作品が相撲雑誌に紹介されているようです!お菓子作りもクッキーやケーキなどプロ顔負けの腕前!奥様や子供さん、同部屋の力士などに振舞っているのでしょうか!元々ホテルマンを目指していたようで気配りも上手そう!

また絵も上手なようで、日刊スポーツ大相撲の連載企画「大相撲 夏の絵日記20XX」こちらで可愛いハートの絵など描かれたそうですよ!大きい手ですが、かなり手先が器用なんですね!相撲の技術については詳しくわかりませんが、まわしなどつかむ技術に応用されているのですかね?(笑)

玉鷲の手芸作品やクッキーについて詳しくはコチラ!
⇒玉鷲の手芸作品やクッキーも女子力高い?嫁が元モデルで美人過ぎる!

玉鷲は綾瀬はるかが好き?

引用:https://www.nikkan-gendai.com

玉鷲で検索すると 玉鷲 綾瀬はるかと出てきます。綾瀬はるかのファンであることは間違いないのですが、もう一つ重要な事情があるようです!横綱・日馬富士が引退したあの事件と関連性があるようです。モンゴル人力士は、日頃からよく飲み会を開いて親交を深めているようですが、独自路線を歩む玉鷲関はあまり参加することがないそう。なので日馬富士が貴ノ岩を暴行した10月25日の鳥取市内の飲み会には、出席していないようです。

暴行事件のあった当日は 「あの晩は楽しみにしている綾瀬はるかのドラマ(「奥様は、取り扱い注意」)をホテルで見ていた」との事。被害者の貴ノ岩も、どちらかと言えば玉鷲関と同じく独自路線を貫いていたようですが、飲み会の会場が母校鳥取城北高の恩師が経営するちゃんこ屋で開催された為、出席せざるおえなかったそうです。

綾瀬はるかさんのドラマのおかげで巻き込まれずに済んだようですね!玉鷲関はもって生まれた運が備わっているのかしれないですね!(笑)

[a4]

玉鷲はモンゴル力士と距離がある理由は?

引用:http://www.1242.com

玉鷲関は綾瀬はるかさんとの関係性でも書きましたが、モンゴル人力士のコミュニティにはあまり入りこまないようにしているそうです。モンゴル人同士で仲良くなりすぎると土俵で情が入ってしまうということで距離をとっているようです。こういう姿勢はガチンコ相撲っぽくていいですね!

やはり普段から仲良くしているとやりにくい取り組みもあるのでしょうか。こういった独自路線を貫く姿勢が、初場所初優勝への道をひらいたのかもしれないです。

[a5]

玉鷲のプロフィール

ここまで色々なエピソード書いてきましたが、そんな玉鷲関のプロフィールなどを紹介していきます。

四股名 玉鷲 一朗
本名 バトジャルガリーン・ムンホルギル
生年月日 1984年11月16日
出身 モンゴル
身長 189cm
体重 170kg
BMI 47.59
所属部屋 片男波部屋
得意技 押し
入幕 2008年9月場所
趣味 小物作り お菓子作り

玉鷲関は30歳を過ぎてから開花した遅咲きの力士と言われてます。モンゴルではホテルマンを目指して母国のモンゴル食料技術大学で勉強していました。19歳の時に、姉が日本に留学していたこともあり、自分の大きな体と腕力を生かして相撲をやってみたいと思うようになったそうです。

玉鷲関の性格は?

明るくて人当たりもよく、同郷の力士にも慕われていて、さらには地元の子供からの人気も高いそうです。女子力も高いし手先が器用で人気があるのも分かりますよね。インタビューなどでも気さくな感じでユーモアもたっぷりあって、笑いまで取れる!という感じの力士ですよね。周囲を引っ張っていくというタイプではなく、我が道をいくというマイペースなところもまた人気の秘密なのではないかと思います。

玉鷲の姉は東大卒の秀才?クッキーが嫁よりうまい画像をチェック!まとめ

2019年初場所初優勝飾り、今大注目の玉鷲関について色々と書かせていただきました!力士で体がでかく怖いイメージがありましたがギャップがすごくあり、可愛らしい一面もあり、愛妻家でありとても家族を大事にされておりますね。そんな家族への愛を原動力に今後も相撲界を引っ張っていくそんな存在になるのではないでしょうか。今後の玉鷲関の活躍に期待です!!

koukoku