健康

n95マスクとはコロナウイルス対策は?値段はいくらかチェック!

Pocket

コロナウイルスのニュースでよく耳にする機会が増えてたn95マスク。n95マスクとはなんなのか、コロナとどう関係があるのか気になりますよね。またn95マスクの値段が上がっているそうです。元々のn95マスクの値段や今の値段も一緒にまとめていこうと思います。他にもコロナに対する対策やマスク以外の予防方法も一緒に調べてみました。コロナウイルスについて早速見ていきましょう。

n95マスクとは?

n95マスクにはウイルス捕集することで口内にウイルスが入る可能性を低減する役割があります。職業感染制御研究会はHPでN95マスクの規格を以下のように説明しています。

N95マスク規格とは

N95規格とはNIOSHが制定した呼吸器防護具の規格基準であり、
N はnot resistant to oil 耐油性なし を表しています。
95とは塩化ナトリウム(空力学的質量径0.3μm)の捕集効率試験で95%以上捕集することを意味しています。
つまりN95マスクは、5μm以下の飛沫核に付着した病原体を捕集することができ、着用者の肺への病原体の進入を防ぐことができるのです。

引用:職業感染制御研究会ホームページ特設コーナ

また、N95マスクを使用する時は定期的にきちんと装着できているのか確認することが大事です。水に濡れたり、汚染したり、よれて顔にフィットしなくなった場合は新しいN95マスクと交換するようにして下さい。

今までマスクとしか認識していなかったですが、N95マスクという規格があることにびっくりしました。正しい着用をして体内にウイルスを入れるのを防ぎたいですね。

n95マスクが必要な臨床場面は?

では実際にn95マスクが必要な臨床場面はどこなのでしょうか。一覧にまとめたので確認していきましょう。

マスクが必要な臨床場面

  • 結核、麻疹、水痘など空気感染予防策が必要な病室に入る時に医者や看護師、患者の家族が入る時に使用
  • 結核など空気感染がある患者の検体を取り扱う検査技師に使用
  • エアロゾル(気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子のこと)が発生する場所で使用
  • 重症急性呼吸器症候群(SA RS)、新型インフルエン(H1N1)の患者に、エアロゾルが発生する処置(気管挿管・気管支鏡・気管内吸引など)をする時に使用
  • レーザー手術や抗がん剤を取り扱う時にも使用

n95マスクが必要なのは主に医者や看護師などの医療従事者みたいですね。n95マスクを着用することで、検査中に患者が目の前で咳やくしゃみをしても大丈夫なようです。

またn95マスクは息苦しさの観点から患者が使用することはないみたいです。

マスクにも種類があるように使う人や場面もきちんと決まっているみたいです。正しい場面で正しい使い方をしていきたいですね。

n95マスクでコロナのウイルス対策は?

呼吸器感染のリスクを低減することができるn95マスクですが、コロナウイルスにも効果があるのか、対策がきちんと出来るのか気になりますよね。

お店やサイトでもn95マスクのような高性能なマスクは売り切れも続出しており入手も困難な状況です。

しかし、n95マスクが捕集出来るのは細菌や花粉など直径0.3μm(マイクロメートル※)以上の微粒子です。それに対しコロナウイルス0.1μm程度の大きさとなっています。

なのでn95マスクではコロナウイルスに効果があるとは言い切れません。また、n95マスクの捕集効果も95%以上と高いですが100%とは言い切れないです。

高性能だから使用してみたくなりますが、日常でマスクを使用したい人は値段も安く、使い捨て出来るマスクのほうが良いみたいですね。

n95マスクの他の予防方法は?

n95マスクがコロナウイルスに効果があるとの確証がとのことで、どう対策をしていけばいいのか不安ですよね。n95マスク以外にコロナウイルスを予防する方法として何があるのでしょうか。

ウイルス感染予防はマスクより、とにかく手洗いが一番の予防手段と言われています。

そもそもマスクは感染者が着用することで、咳やくしゃみをしても周りにウイルスを飛び散らせないために使用するものです。

なのでまだ感染していない人が出来る感染予防は石鹸で丁寧に手を洗い、ウイルスを体内にいれないようにすることです。

帰宅時だけでなく、職場や学校に着いた時、食事前には手洗いとうがいを徹底する習慣を付けておきたいですね。昔からうがい手洗いは大事と言われていますが、体内にウイルスを入れないためにも必要なのかも知れません。

n95マスクの値段はいくら?高騰してる?

n95マスクの値段がいくらなのか気になりますよね。

1月末の時点でn95マスクは1箱20枚入りが約1900円でした。
今では1箱20枚入りのn95マスクが約7700円と約4倍となっています。

オークションでの落札価格

  • N95 50枚入り   10箱 500枚 → 257件の入札  212,000円
  • N95 120枚入り 5箱 600枚 206件の入札  451,000円
  • N95 1200枚 → 202件の入札  161,000円

1月の時点で1枚約95円だったマスクが3月の時点で最高値で1枚751円と大幅に値上がってしまいました。

実際に売る人買う人がいるので成り立ってしまっていますが、この高騰を受けた大手ネットショッピングのアマゾンは適正な価格設定に関するポリシーの遵守を徹底する姿を見せています。

また中国では通常143元で販売してるn95マスクを850元に引き上げた薬局に対し300万元(約4720万円)の罰金処分を行いました。

高値で取引されているn95マスクですが、買う人も売る人も適正な価格で取引をしたいですね。

n95マスクは呼吸しずらい?

直径0.3μm以上の微粒子を約95%捕集できると高性能のn95マスクですが、呼吸しずらいと言われています。n95マスクは使用に慣れている医者でも30分程度使用していると息苦しさを感じると言われています。

呼吸が苦しくなったり、気分を悪くしたりすることからもn95マスクは普段使いにn95マスクは向いていないため、日常でマスクを使用したい人はn95マスクではなくサージカルマスク等のマスクを使用することをおススメします。

サージカルマスク等のマスクではウイルスの侵入が防げないと思う方もいると思いますが、サージカルマスクでもウイルスを含んだ唾液や鼻水といった飛散物をブロックするには十分です。
またサージカルマスクをすることで鼻や喉の粘膜への保湿効果があり、ウイルスの侵入しにくい状態にすることが出来ます。

高性能なのでどんなウイルスにも効果がありそうなn95マスクですが、コロナウイルスには効果がないみたいですね。また高性能ゆえに息苦しさを感じるとのことで、普段使いはしないほうが良さそうですね。

NGな行動は?

コロナウイルスに関してたくさんの情報があり、また専門家の意見もたくさんあり何が正しい情報か分からないですよね。真意が分からない情報をネットではこう言われている、ニュースではこう言っていたとSNS等に書き込み広まってしまった場合、そして、その情報がデマだった場合「名誉毀損罪」「業務妨害罪」として罪に問われる可能性があります。
真意が自分では分からない情報については自分だけに留めておいた方が良さそうです。

N95マスクの期限切れや東京の販売店情報についてはコチラから!
⇒N95マスクは使用期限切れでも使える?東京の販売店の場所を調査!

n95マスクについてネットの声は?

n95マスクとはコロナのウイルス対策は?値段はいくらかチェック!まとめ

以上がn95マスクやコロナウイルスについて情報になります。
n95マスクが高性能なのでコロナウイルスにも効果がありそうですが、確証はないみたいですね。専門家の意見も様々ありどの情報が正しいのか分からない状態ですが、落ち着いて行動をしていきたいですね。